光南台中学校区健康づくり教室

「5歳若返るヘルシーライフ~糖尿病予防の食生活~」

 

  平成26128日(月)に光南台公民館で、光南台健康市民おかやま21メンバーや愛育委員会の協力により光南台中学校区健康づくり教室が開催され、20人の参加がありました。

光南台中学校区は、特定健診の結果から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)に該当する方が多いということで、今回は食生活面を中心に家庭で実践できる方法を学ぶことになりました。

血圧や体脂肪測定を行った後に、栄養士さんから糖尿病予防のための食事の話を聞きました。「太るもやせるも食事が基本」ということで、自分の体に必要なエネルギーの量などを勉強しました。参加者からは、根菜類やキノコ類をしっかり食卓に取り入れ、ヘルシーな食事を考えていきたいとの感想がありました。

その後、調理実習として「蒸し鶏の黄身酢かけ」「根菜ときのこのかき玉汁」「きのこのドレッシング漬け」「抹茶もち」を作りました。男性の参加もあり、みなさんで和気あいあいと調理を行い、調理における工夫点も学びました。黄身酢あんは、あっさりしてヘルシーでよかった、これからも食卓に取り入れてみたいとの声がありました。

今日学んだ方法を、家庭にも持って帰って実践してみようと声をかけあいました。

                   蒸し鶏の黄身酢かけ(材料4人分)

  1. 鍋に、卵黄2個分・だし汁大さじ4・酢大さじ3・うす口しょうゆ大さじ1・砂糖大さじ2・片栗粉小さじ1を入れて混ぜ合わせ、湯煎にかけてゆっくり混ぜながら、とろみがつくまでじっくり火を通して黄身酢を作る。

  2. 鶏もも肉(皮なし)280gを一口大に切り、酒大さじ1をふってもみこみ、蒸す。

  3. キャベツ100g・ブロッコリー100g・パプリカ(赤)12個を食べやすい大きさに切って軽くゆでる

  4. 鶏肉と野菜を器にもり、黄身酢をかける。